ウーマン

洗濯ひとつ気を抜けない|赤ちゃんにやさしい洗剤

繊細な肌へのやさしさ

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は大人が思う異常に繊細な肌です。まだ生まれて間もない肌は外気温の変化や花粉などにも反応します。もちろん、着る服は長い時間肌に触れているので一番注意が必要です。肌に触れる服の素材に注意を払うお母さんは多くいますが、肌に触れる服を洗う洗濯洗剤に注意をするのを忘れる場合が多く、この洗剤のカスで肌にダメージを与えてしまい赤ちゃんの肌が荒れてしまったり、湿疹になってしまったり、将来アトピーやアレルギーの心配にまでつながるケースがあります。赤ちゃんの肌に触れるものは少なくとも生後一年は気を付けることをおすすめします。大人用の服と一緒に洗濯しない、赤ちゃん用の洗剤を使い肌に負担の少ないもので洗濯してあげる、そういった注意が必要です。できれば服だけでなく赤ちゃんに触れるすべてに共通して注意する必要があります。そのような特別扱いが現代の弱い子供を作るといわれる方もいらっしゃいますが、現代の便利すぎるものが溢れているからこそ起こりうる危険にも注意が必要です。っもともと赤ちゃんの服は手洗いできちんと汚れを落とし、洗剤カスが残らないようきちんとすすぐことがよいとされています。しかし、時間に追われる育児中のお母さんたちにはなかなかそのような時間の余裕がないと思います。そのため手洗いでなく洗濯をするという選択をするなら、洗剤にこだわってあげることが繊細な肌を持つ赤ちゃんへのやさしさではないでしょうか。