ウーマン

洗濯ひとつ気を抜けない|赤ちゃんにやさしい洗剤

敏感な肌を守るため

タオル

成分に注目

赤ちゃんは大人に比べるとまだ身体の機能が発達していません。特に皮膚は大人よりも薄く外部の刺激に敏感に反応してしまいますので、洗濯のための洗剤にも気を使う必要があります。大人と同じ洗濯洗剤では、赤ちゃんにとっては刺激となり、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、肌着やタオルなど、普段赤ちゃんの肌に直接触れる機会が多い衣類を洗濯するための専用の洗剤も多く販売されています。赤ちゃんの衣類を洗うための洗濯洗剤には、一般的な洗濯洗剤に入っていることが多く、綺麗に洗濯をするための成分として、しつこい皮脂の汚れを落とすための合成界面活性剤や、衣類を白く保つための蛍光増白剤、洗いあがった衣類に香りをつける香料、保存料などが配合されていないものを選ぶようにすると良いでしょう。これらの成分は、大人が着る衣類に関しては特に問題がない成分ではありますが、赤ちゃんの場合には敏感に反応してしまうことがある成分です。天然の洗浄成分で、香料や着色料などが無添加であっても、赤ちゃんの衣類を綺麗に洗い上げてくれるものが多くあります。また、洗濯機の機種などによっては粉タイプの洗剤は溶け残りが出来てしまい、洗濯物に残ってしまうことがあります。それに気づかず赤ちゃんが使ってしまうと、直接肌に触れてしまうため肌トラブルを引き起こしかねません。そんなことが起こらないように、液体タイプを選択するのも一つの方法です。