ベビー

洗濯ひとつ気を抜けない|赤ちゃんにやさしい洗剤

敏感な肌を守るため

タオル

赤ちゃんの肌は大人に比べると敏感で、ちょっとした刺激でも過敏に反応して肌トラブルを引き起こすことがあります。特に肌に直接触れる衣類を洗濯するときの洗剤は、成分を注意して選ぶことが赤ちゃんの肌を守ることにも繋がります。

繊細な肌へのやさしさ

赤ちゃん

生まれたばかりの繊細な肌への負担を減らすためにも、赤ちゃんの肌に触れる肌着や服は赤ちゃん用の洗剤で、大人用とは分けて洗濯してあげることが赤ちゃんへのやさしさでしょう。アトピーやアレルギーなどの肌炎症を起こさないためにも注意が必要です。

新生児用の洗剤の必要性

服

なぜ分けるのか

赤ちゃんの洗濯物は、大人と分けて洗います。しかし以外と分ける必要性について知られていません。赤ちゃんの肌は非常に敏感です。大人が使用している衣類には、ホルムアルデヒドが付着しています。これは水に溶けやすい性質があり、衣類から衣類に移りやすいのです。このホルムアルデヒドは赤ちゃんの肌に影響を及ぼす事が報告されています。湿疹の原因になるので、抵抗力がつくまで大人とは別々に洗濯する必要があります。神経質にする必要はありませんが、赤ちゃんが1歳になる位までは、分けて洗濯しておくと安心です。その他、大人用の柔軟剤の使用するのも、アレルギーや肌荒れが現れないか1度確認しておくと良いでしょう。それでは赤ちゃんの衣類を洗濯するには、赤ちゃん用の洗剤が必要ではないかと疑問が上がります。確かにその方が安心です。可能であれば洗濯は分けて、洗剤も分けて行う方が良いです。赤ちゃん用の洗剤では、大人のしつこい皮脂汚れは分解できません。逆に大人用の洗剤では赤ちゃんの肌には刺激が強いです。それぞれ用意するのが手間の場合、成分を確認すると良いです。石油由来の成分が少ない商品や、蛍光増白剤の含まれていない洗剤を選ぶと安心です。蛍光増白剤とは綿を白くする効果があり、衣類を白く保ちます。その為多くの洗剤に使用されています。赤ちゃんの衣類にはあまり必要のない成分なので、可能なら含まれていない物を選ぶと良いでしょう。大変な洗濯ですが、大切な子供の為の1手間です。

毎日のお手入れに必須です

女性

赤ちゃん用の衣類の洗濯は、できるだけ刺激の少ない洗剤を選ぶことが大切です。また、洗剤の量を守り、すすぎをしっかりと行うことで、洋服を赤ちゃんが気持ちよく身につけることができます。パッチテストを行っているものや赤ちゃん向けの洗剤は安心して使うことができますのでお勧めです。